本当に効果的なの? | プロの映像制作会社に依頼してマーケティングに活用してください

プロの映像制作会社に依頼してマーケティングに活用してください

サイト構築中のパソコン

本当に効果的なの?

人気サイトのイメージ

では映像制作をしていく際に、本当に映像制作によってうまくいくのか?ということを誰しも考えてしまうと思います。
今回は映像が他の広告と比べてどのような特徴を持っているのかを簡単にまとめておきましょう。

まず映像広告というものは、主にリスティング広告だったりバナー広告など、ネット広告のひとつとして最近ではよく取り上げられています。
実際に映像広告は主にテレビだけではなく、ネット上のあらゆるところで使用されているポピュラーな形だといえるでしょう。

では従来のリスティング広告などの広告と映像広告は何がどう違うのか?
大きな違いとしていえるのが「情報量」です。
たとえばリスティング広告はクリエイティブ面の構成をする要素として「写真」や「テキスト」のみになっています。
しかし映像広告であればそれに加えてBGMを加えることができますし、当然動くので人間の声や動き、また必要であればCGグラフィックなどを使っていろんな表現をすることができます。
ということは広告として考えれば圧倒的に映像広告の方がより高いクオリティを実現できるわけです。

ならテレビのCMとネットの映像広告を比較してみましょう。
どちらも一見すると同じように見えますが、今ではテレビよりもネットの映像広告の方が効果的だといわれています。
その理由は、テレビの方がボーっと見る人が多いということ。
大抵テレビの場合はくつろいだ状態で見る人が多く、一方的に情報を受け取る形になります。
しかしネットの映像広告は画面を注視して必要な情報と不要な情報を振り分けて見ることができます。
さらに映像広告が気になった場合はそこから詳しい情報がチェックできるように作られていることもあるので、すごく強力なのです。